削ってはいけない支出

削ってはいけない支出

削ってはいけない支出

家計見直しの際に気を付けなければいけないのが削ってはいけない支出です。

1、自己投資

お金持ちまでのステップでも述べたように、まずは家計防衛より先にお金を稼ぐことが大切です。

お金を稼ぐためにはあなた自身の成長が不可欠です。つまりあなたの器以上にお金は増えません。

その器を広げるためにも自己投資は継続しておこなっていくべきです。

確かに自己投資は、今日明日でお金は増えないかもしれません。

でも何のために蓄財をするのか?

今日明日のためではありませんよね?

将来の自分のためにも継続的に自己投資をして自分を高めていってください。

それが将来的な蓄財にきっとつながりますから・・

2、ケチと思われる支出

対人でのお付き合いはフェアに、この項目で支出を削る発想は捨ててください。

例えば会計で3,500円で割り勘だったらピッタリ割り勘かきりよく2,000円出すなど

相手を不快にさせる余地を与えないでください。
前述の通り、あなたの器以上にお金は貯まっていきません。

お金があっても誰からにも相手にされない人生ほど退屈な人生はありません。

3、時間を売る削り方

稼ぐことも自己投資も時間の使い方次第で効率も格段に変化します。

あなたの人生はあなたのものです。つまり自分の時間を安売りするような支出の削り方を避けて、その時間をお金に変えられる思考にシフトすべきです。

決して時間の無駄だから毎回タクシーを使えって話ではありません。

時間は唯一買えない資源ですから、有効活用すべきで安売りする発想はやめましょう!ということです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制を理解して活用しよう!

お小遣い

お小遣いは高めに設定した方がいい理由

家計簿

家計簿は年単位で管理すると無駄が見える

30歳貯金ゼロ。何からはじめるべきか?

家計簿

家庭で削れる固定費一覧

NO IMAGE

身近で出来る「確定申告」ガイド