ドルコスト平均法は本当に有利?

ドルコスト平均法は本当に有利?

最近は投資に必要な金額が少なくなり投信積立が増えています。

それによってドルコスト平均法が注目されていますが本当に有利なのでしょうか?

ドルコスト平均法とは毎月一定額を同じ投資商品に投資し続ける積立です。

ドルコスト平均法自体は、上げ相場だろうが下げ相場だろうが関係なく毎月購入し続けるため、

高い時には少ししか買えず、安くなったらたくさん買えます。

経済評論家の大江秀樹さんは必ずしもリスクが低下するわけではないと述べています

その理由として、最終的な投資金額は同じでもそのお金をリスクに晒している時間が異なる。
リスクを考える上において、時間というのは重要な概念であり、持っている期間が1年か1ヵ月かで比べた場合、
1年間持っている方がその間に不測の事態で株価が下落して損失が発生する可能性は高くなる。
つまり負ったリスクに対して、どのぐらい収益が上がったか比較するのが正しい評価であって、
ドルコスト平均法は特別に有利でも不利でもない。

たしかにその通りで株式のトレードも1日で売買するデイトレと長期間保有するトレードでは
デイトレであれば暴落に巻き込まれる可能性が限りなく低いですが、1年間保有すればその分暴落に巻き込まれる可能性は高くなります。
その反面1日の値上がりはストップ高水準までに限られますが、1年保有すれば10倍になる可能性もあります。

大江秀樹はこうも言っています。

ドルコスト平均法の最大のメリットは高いリターンが得られることでもリスクが低くなることでもありません。
購入をルール化してしまうことで、上がり下がりに大して気を揉んだりする必要がないこと、市場の動きに惑わされて不合理な意思決定や投資判断を下すことを
防ぐことができる点にある。
つまり、あれこれ悩む必要がなく、気が休まる=気休めというわけです。

まとめるとドルコスト平均法は手法として有利なわけではなく、
あれこれ考えずに済むため、気休めにはなるってことですね。

あくまでドルコスト平均法は投資手法の1つでしかないということですね。

ちなみに私は事あるごとに言いますが投信嫌いです。退屈だから

ただ残念ながら投信を買わなければ行けない時が2回あります。

iDecoと楽天ポイントを消化する時です。

iDecoは自分自身の力で左右できないので仕方ありませんが楽天ポイントを使った投信購入はある程度自分で購入タイミングを意図できます。

私自身は暴落時か上げ相場を見極めて投信を買っています。よってそのタイミングが来るまでずっと待ちます。

つまりドルコスト平均法に独自ルールを付け加えたイメージです。

長期資金であれば、前述の通り時間に晒せば晒すほどリスクが高まります。

よって時間軸は変えられないので、いかに安く買うかが重要だと思います。

THEOもやるはずはなかったのですが、ポイント目的で上げ相場に資金入れて2日で資金逃避させました。

決められた日に決められた額を買うのが1番楽ですが、人と同じことをやっても投資で勝てないのは散々経験しました。

よって+@で日経平均が500円以上下げた日に買う!など自分の中でマイルールを作って試してみるのもおもしろいかもしれませんね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30歳から始めるiDeco(確定拠出年金)

30歳から始めるiDeco(確定拠出年金)

StockPoint(ストックポイント)

自己資金ゼロから株を買えるStockPoint(ストックポイント)

ついに登場!株式の売買手数料がゼロのスマートプラスを紹介!

ポイント投資

ポイントで投資をはじめよう!ポイント投資まとめ

隣の億万長者の投資法

隣の億万長者の投資法

いまさら聞けない「投資」の始め方

いまさら聞けない「投資」の始め方