カブドットコムが「ポイント投資」に参入!ポイント投資は激戦時代へ

カブドットコムが「ポイント投資」に参入!ポイント投資は激戦時代へ

カブドットコムがポイント投資の参入を発表しました。

カブドットコムはKDDIから出資を受けた経緯があり、「au WAKKETポイント」で投資信託など購入できるようにするとのことです。

カブドットコムのポイント投資の特徴

カブドットコムは「au WAKKETポイント」を使って投資できますが、特筆すべきは日本株や投信、FXなどすべての商品が購入できるようになるとのことです。

ポイント投資はこれまで投信の購入が主体でした。

SBIネオモバイル証券の登場でポイントを使って株を買えるようになりましたが、カブドットコムでは投信、株に限らずすべての商品にポイントが使えるようになりそうです。

ポイント投資は激戦の時代へ

カブドットコムによるau WAKKETポイントを使った投資の登場でポイント投資は激戦の時代になりそうです。

ポイント投資の3大陣営といえば「Tポイント」「楽天ポイント」「au WAKKETポイント」といえます。

Tポイント陣営であるSBIは10月10日にYAHOOと金融サービスの連携を発表したたため、利便性が高まることに期待できます。

独自の経済圏を構築した楽天は証券、金融、ポイントとすべて楽天内でサービス提供しているため使いやすさの点では他社より優位です。

そして今回ポイント投資を発表したカブドットコム。KDDIは今後通信主体の収益構造からの脱皮をはかるため一層他社との連携・買収を繰り返していくと思われます。

今後のポイント投資の裏で繰り広げられる陣取り合戦からも目が離せません。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

NISA口座。いまさら聞けないメリット・デメリットと活用法!

10年で594.3%リターン!日本株運用のプロに学ぶ投資法

ポイント投資

ポイントで投資をはじめよう!ポイント投資まとめ

StockPoint(ストックポイント)

自己資金ゼロから株を買えるStockPoint(ストックポイント)

米国エネルギーMLPオープン

株以外の投資商品を紹介!利回りやリスクについて

貯金ができない人向けのストレスフリーな貯金法

外国株をはじめよう!手数料比較と取引メリット