FX SUITに入金可能なクレジットカードまとめ

FX SUITに入金可能なクレジットカード

FX SUITに入金可能なクレジットカードまとめ

私も使っているFX SUIT。

VISAかMastercardブランドのクレジットカードやデビットカードなどで入金ができます。

しかし仮想通貨がクレジットカードで買えた頃に、カード会社がカード決済の損失発生のリスクが高いと判断し自主規制をされたのと同様に発行元のカード会社によっては決済ができません。

あくまで自主規制のため、カードによってはFX SUITへ入金できるので、色々試して入金できるカード、入金不可のカードを随時更新していきます。

カード名 利用可否
三井住友VISAカードが発行するクレジットカード
(三井住友VISA、三井住友マスターカード、ANAカードなど)
×
セディナカード
dカード プリペイド(利用限度額:30万円/日)
JALグローバルウォレット(利用限度額:30万円or100万円/月)
Kyash (キャッシュ)(利用限度額:5万円/日・12万円/月)
住信SBIネット銀行 ミライノデビット(Mastercard) ×
Sony Bank WALLET(ソニー銀行) ×
au wallet プリペイドカード

いまのところ、クレジット・デビットカードよりプリペイドカードでの入金できる率が高いです。ただプリペイドカードの場合、1日やひと月の限度額があるので高額入金には適していません。

持ってるカードが決済不可だった場合の対策

お持ちのクレジットカードで入金ができなかった場合でも、カードブランドや発行元によっては間接的に入金できます。

例えば三井住友カードが発行するクレジットカードは券種、ブランド問わずFX SUITでは利用できません。しかし一部プリペイドカードではクレジットカードでチャージができるため、プリペイドカードを用いて間接的にチャージが行えます。

例:三井住友カード⇒Kyash (キャッシュ)⇒FX SUIT

例:三井住友カード⇒dカード プリペイド⇒FX SUIT

例:三井住友カード(Mastercard限定)⇒au wallet プリペイドカード⇒FX SUIT

例:JALカード⇒JALグローバルウォレット⇒FX SUIT

プリペイドカードによってはチャージ不可のクレジットカードやカードブランドがあったり、手数料が発生する場合もあるため注意が必要です。

プリペイドカード利用時のデメリット

限度額が設定されている

dカード プリペイド、Kyash (キャッシュ)、JALグローバルウォレットなどプリペイドカードは利用限度額が設けられています。

dカード プリペイド、JALグローバルウォレット(ショッピングコース)の月の限度額は30万円のため、毎月30万円までしかつかえません。2枚兼用すれば60万円。

さらにKyash (キャッシュ)の場合は1日の限度額は5万円、1ヵ月の限度額は12万円と低めに設定されています。

au wallet プリペイドカードはMastercardブランドのカードであれば手数料無料でチャージ可能です。月の限度額は10万円です。

一部カードはポイント対象外

三井住友カードでdカード プリペイドへチャージした際は、三井住友カード側のポイントは貯まりません。この場合、dカード プリペイドへチャージした分のみのポイントが獲得できます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外貨積立をネット銀行で行うのは損!FX口座なら金利高くて信託保全される事実

【銀行は預金保険制度対象外】外貨積立なら高金利で信託保全される積立FXを利用しよ...

macaso

世界一トレーダーをコピーできるFXサービス